コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任官 ニンカン

デジタル大辞泉の解説

にん‐かん〔‐クワン〕【任官】

[名](スル)官に任じられること。官職に就くこと。「一等書記官に任官する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にんかん【任官】

( 名 ) スル
官職に任ぜられること。また、就くこと。 「少尉に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の任官の言及

【選叙】より

…大宝選任令・養老選叙令によると,叙位は,内・外(げ)五位以上に叙する勅授,内八位・外七位以上に叙する奏授,外八位および内・外初(そ)位に叙する官判授の3段階に分かれたが,蔭位(おんい)資格者は21歳以上,その他は25歳以上で叙位された。任官は,大納言以上などの中枢的な高級官僚を任命する勅任をはじめ,奏任,判任,式部判補の4段階に区分されたが,律令官僚の採用・昇進についての基本理念は徳行才用主義とよばれ,本人の徳性を中心にして,才能の高いものを任ずることをたてまえとした。彼らは,まず内舎人(うどねり),大舎人,その他の下級職員に採用されて,一定年数にわたる勤務評定の総合成績によって叙位され,ついで官位の相当規定によって,その位階に応ずる官に任命された。…

※「任官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

任官の関連キーワード帝室技芸員・帝室技藝員見習い士官・見習士官印綬を帯びる青雲の交わり文官任用令見習い士官職業裁判官寛平御遺誡除目大成抄臨時の除目行政大権壇誉上人慶び申し官途奉行吉書始め県召除目官途成り相当官吏高等官勅任官

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

任官の関連情報