コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村響 たむら ひびき

1件 の用語解説(田村響の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村響 たむら-ひびき

1986- 平成時代のピアニスト。
昭和61年12月15生まれ。調律師の父,ピアノ教師の母のもと,3歳からピアノをはじめる。深谷直仁,清水皇樹,クラウディオ・ソアレス,クリストフ・リースケらに師事。平成5年から数々のコンクールに出場し,14年園田高弘賞第1位。18年出光音楽賞など受賞をかさねる。19年ロン・ティボー国際コンクールで優勝。21年ホテルオークラ音楽賞を受賞。明和高を卒業後,ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大留学。愛知県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田村響の関連キーワードピアニストピアニストを撃て盲目のピアニスト金沢孝次郎小林道夫(1)清水和音舘野泉野島稔藤井一興チェルニー(ツェルニー)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田村響の関連情報