コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲谷俊家 こうたにとしいえ

防府市歴史用語集の解説

甲谷俊家

右田毛利氏の陪臣[ばいしん](家臣)で、京都で絵を学ぶ中で攘夷派の公卿たちと交流し、長州藩と朝廷との間で連絡役として活動しました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

甲谷俊家の関連キーワード右田毛利氏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android