留(め)拍子(読み)トメビョウシ

デジタル大辞泉の解説

とめ‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【留(め)拍子】

能で、1曲の最後にシテが足拍子を二つ踏むこと。また、その足拍子。能を模した歌舞伎舞踊でも、幕切れに主要な役が二つ足拍子を踏むことをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とめ‐びょうし ‥ビャウシ【留拍子】

〘名〙 能で一曲の終わりにシテまたはワキが足拍子を二つ踏むこと。また、その足拍子。能を模倣した歌舞伎舞踊でも行なう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android