コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一曲 いっきょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一曲
いっきょく

舞楽の名。『一鼓 (いっこ) 』とともに「雑楽」などともいわれる特殊な曲で,舞人左方装束を着けて胸に奚婁鼓 (けいろうこ) を吊り,左手に振鼓 (ふりつづみ) を持った者と,右方の装束を着けて胸に一鼓を着けた者の2人で,いずれも右手に桴 (ばち) を持つ。現在では,前奏曲として盤渉 (ばんしき) 調調子および音取 (ねとり) が奏され,当曲 (伴奏曲) としては「鳥向楽 (ちょうこうらく) 」が用いられる。桴を振上げて鼓を打つ手がそのまま舞の手ともなっているが,舞は左方の装束の者だけで,右方の装束の者は単に一鼓を打つだけである。法会舞楽では,行道 (ぎょうどう) に続けて両楽頭が舞う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっ‐きょく【一曲】

音楽のまとまった作品一つ。または、音楽や舞踊のひとくぎり。
雅楽舞曲。雑楽。寺の行事などの行列の道行きに、左右各一人の舞人が、特殊な鼓(つづみ)を打ち鳴らしながら舞う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっきょく【一曲】

一つの楽曲。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]
舞楽の一。左方に属する。舞人は左右各一名。左の舞人は鶏婁鼓けいろうこと振り鼓つづみ、右の舞人は二鼓にこを、それぞれ打ち鳴らしつつ舞う。伴奏曲は鳥向楽ちようこうらく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一曲の関連キーワードモーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調/piano and orchestra(concerto)メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」/piano soloラフマニノフ:熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ原曲)/piano soloサティ:嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ/piano soloサティ:犬のための本当にぶよぶよした前奏曲/piano soloサティ:最後から2番目の思想/piano soloドビュッシー:ピアノのために/piano soloタカーチ:かえるが飛び出す/piano soloシューマン:3つのロマンス/piano soloウィッフィン:猫の小品集/piano soloサティ:ひからびた胎児/piano soloグーセンス:万華鏡/piano soloシンコペーティッド・クロック一差し・一指し・一差・一指万松斎一曲(2代)万松斎一曲(3代)留め拍子・留拍子クレオパトラの夢かぎゃで風節ひなビタ♪

一曲の関連情報