コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畜産組合 ちくさんくみあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畜産組合
ちくさんくみあい

酪農組合,養豚組合,養鶏組合など畜産業者の組合の総称。日本では牛,馬に関する組合を中心に発達した。軍馬の改良と生産の保護育成を主たる目的とした 1900年の産牛馬組合法によってできた産牛馬組合がその前身。これが 17年の畜産組合法による畜産組合として整備強化され,軍馬政策の実施機関として国の財政援助を受けた。第2次世界大戦中の農業団体法による農業会への再編成を経て,47年の農業協同組合法により畜産農業協同組合となり,牛,豚などを中心に家畜市場の開設や共進会の開催などの活動を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

畜産組合の関連キーワード波部 本次郎辰見 盛太郎伊藤 恭之介山口 忠五郎坂下 仙一郎服部 岩吉庄司 良朗辰見盛太郎神 八三郎山本 勝次坪山 徳弥中島 鵬六産業組合山本勝次三田和牛佐藤 啓土屋源市庄司良朗

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

畜産組合の関連情報