コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業協同組合法 ノウギョウキョウドウクミアイホウ

世界大百科事典内の農業協同組合法の言及

【協同組合】より

…それらの法律とそれぞれに規定された団体は以下のとおりである。(1)農業協同組合法(1947年)――農業協同組合,農業協同組合連合会,農事組合法人,農業協同組合中央会。(2)水産業協同組合法(1948年)――漁業協同組合,漁業生産組合,漁業協同組合連合会,水産加工業協同組合,水産加工業協同組合連合会,水産業協同組合共済会。…

【全農】より

…いずれも当時の農村にあった産業組合(今日の農協の前身)を基盤にした全国連合組織であり,全販連は米穀の販売を,全購連は肥料の購買を主たる事業としていた。両者は第2次大戦中に一時統合されたが,敗戦後の農村民主化のなかで47年農業協同組合法の制定があり,新しい農協が発足したことに対応して,48年に同法にもとづき全販連,全購連として再発足した。その後20余年を経るなかで,しだいに事業規模が拡大,伸張するとともに,他方では農村の販売,購買市場は商系資本の進出によって競争が激化していった。…

【農業協同組合】より

…農業生産力の増進と農民の経済的・社会的地位の向上を図ることを目的とした農業者による協同組織体。日本では今日,農業協同組合法(1947)に基づき各地に農業協同組合が設立されており,農協またはJA(Japan Agricultural Cooperativesの略)と略称することが多い。 一般に農業は,他の産業と比べて人為的につくり出せない有限の土地を使わねばならぬ宿命にあるなど自然的,社会的にいろいろな制約があるため,大規模な企業的生産となることが困難である。…

※「農業協同組合法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農業協同組合法の関連キーワード全国共済農業協同組合連合会全国販売農業協同組合連合会全国指導農業協同組合連合会全国購買農業協同組合連合会全国厚生農業協同組合連合会全国農業協同組合中央会農協・その他の農業団体農業協同組合(JA)全国購買組合連合会農業協同組合監査士農業経営受委託JA栃木厚生連農地信託制度農業生産法人農事実行組合農協中央会単位農協畜産組合組合保険養蚕組合

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農業協同組合法の関連情報