略本暦(読み)りゃくほんれき

精選版 日本国語大辞典「略本暦」の解説

りゃく‐ほんれき【略本暦】

〘名〙 本暦から一般の日常生活に必要な事柄だけを抜き出した簡略なこよみ。略暦
※報知新聞‐明治四一年(1908)三月四日「太陰暦の全廃が差して略本の売れ高に影響すべき筈はなきやうに思はるれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android