番囃子(読み)バンバヤシ

デジタル大辞泉の解説

ばん‐ばやし【番×囃子】

能の略式演奏形式の一。1曲の全部を、囃子をつけて紋服・裃(かみしも)で舞台に着座したまま演奏すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんばやし【番囃子】

能楽で、紋服・裃かみしもで舞台に正座し、囃子を伴って一番の謡を全曲演奏すること。間あい狂言は省略され、ワキの謡もシテ方が謡う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の番囃子の言及

【能】より

…(2)半能(はんのう) 一曲の後場だけを演ずる。(3)番囃子(ばんばやし) 紋服等で座したまま全曲を奏する。(4)居囃子(いばやし) 同じく座したまま主要部分(主としてクセや舞事を中心にした部分)を奏する。…

※「番囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android