コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番新 バンシン

大辞林 第三版の解説

ばんしん【番新】

「番頭新造ばんとうしんぞう」の略。吉原遊郭で花魁の身の回りの世話をする者。世話女郎。 「 -めがおいらの顔を見おぼへてゐやあがつて/安愚楽鍋 魯文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

番新の関連キーワードドボルザーク(Antonín Dvořák)イングリッシュ・ホルンマリン オールソップ尾上菊五郎(5代)大岩山古墳群新古演劇十種中村 八大下村匡嗣クルーゾ御番入り五番方湛山寺近習番魯文家路

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番新の関連情報