コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番新 バンシン

大辞林 第三版の解説

ばんしん【番新】

「番頭新造ばんとうしんぞう」の略。吉原遊郭で花魁の身の回りの世話をする者。世話女郎。 「 -めがおいらの顔を見おぼへてゐやあがつて/安愚楽鍋 魯文

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

番新の関連キーワードドボルザーク(Antonín Dvořák)イングリッシュ・ホルンマリン オールソップ尾上菊五郎(5代)大岩山古墳群新古演劇十種中村 八大下村匡嗣御番入りクルーゾ湛山寺近習番五番方魯文家路

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番新の関連情報