番頭新造(読み)バントウシンゾウ

大辞林 第三版の解説

ばんとうしんぞう【番頭新造】

江戸の吉原で、遊女につきそって、客とのかけひきや身のまわりの世話などをする女性。番頭女郎。番新。番頭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばんとう‐しんぞう ‥シンザウ【番頭新造】

〘名〙 吉原遊郭で、花魁について身のまわりや外部との応対など諸事世話をする新造。袖留めをし、眉毛をそらず、紅白粉で化粧しないのが特徴。世話女郎。番新。番頭。ばんとうじょろう。ばんとうじょうろ。ばんとうしんぞ。
※歌舞伎・助六廓夜桜(1779)「傾城一同は正面格子下の床几に、番頭新造、振袖新造は下手の床几に掛ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の番頭新造の言及

【新造】より

…これとは別に,かむろを経ずに雇われてすぐに新造となるものがあり,この新造は売春をした。また,〈番頭新造〉は袖留をしたまま姉女郎の身辺を世話する役で〈世話新造〉ともいい,京阪ではこれを〈引舟(ひきふね)〉と称した。なお,江戸時代の武家や町家では妻女を御新造(ごしんぞう)とよぶことがあり,またときには結婚前の少女を新造といった。…

※「番頭新造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる