コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異な イナ

デジタル大辞泉の解説

い‐な【異な】

[連体]《形容動詞「い(異)なり」の連体形「いなる」から》普通と変わった。変な。妙な。「異なことを伺いますが」「縁は異なものなもの」

け‐な【異な/殊な】

[連体]《形容動詞「け(異)なり」の連体形「けなる」の音変化から。「けなもの」「けなひと」の形で多く用いる》
けなげである。殊勝である。
「そちは―者ぢゃ」〈浄・丹波与作
おとなしい。
「かはいらしく―者なり。いはば町方の腰元のやうなり」〈満散利久佐〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いな【異な】

( 連体 )
〔形容動詞「異なり」の連体形「異なる」の転〕
妙な。変な。おかしな。 「縁は-もの味なもの」

けな【異な】

〔形容動詞「けなり(異)」の未然形〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

異なの関連キーワード寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントモザイク病(アルファルファ)サマーナイトフェスティバルカルチュラルスタディーズエスター フィリップス縁は異なもの味なものヤンググランプリ高松宮記念杯競輪挨拶は時の氏神通貨スワップ共同通信社杯男鹿国定公園もののあはれシリーズアド小林 千登勢体細胞雑種バリアント二硫化炭素湯瀬村コ普通株式

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異なの関連情報