コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異常光線 イジョウコウセン

大辞林 第三版の解説

いじょうこうせん【異常光線】

複屈折によって二つに分かれた光線のうち、スネルの法則(屈折の法則)に従わない光線。 ⇔ 常光線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の異常光線の言及

【複屈折】より

…光学軸と波面法線とがなす平面内に電場のある偏光は常光線と呼ばれ,スネルの法則を満たすように屈折する。これに垂直な偏光は異常光線と呼ばれ,方向によって位相速度,したがって屈折率が変化し,一見スネルの法則を満たさぬような屈折をする。常光線の位相速度が異常光線のそれより大きいものを正結晶といい,これに属する結晶は水晶や氷などである。…

※「異常光線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

異常光線の関連キーワードロションプリズムリヨ・フィルターニコルのプリズム偏光複像プリズムニコルプリズムバビネの補正板四分の一波長板二軸結晶カー効果一軸結晶スネル異方性波長板正結晶複屈折偏光板消光光軸

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android