コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常光線 じょうこうせんordinary ray

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常光線
じょうこうせん
ordinary ray

石英や方解石のような単軸結晶に光を入射すると,結晶内では光は複屈折を起して2つに分れて進む。一方は通常の等方性媒質に対する屈折の法則に従って進むが,他方はそれに従わず,屈折角は入射角に対して複雑な変化をし,屈折光線向きも必ずしも入射面にないことがある。前者を常光線,後者を異常光線という。常光線の電束密度ベクトル Dは光線と結晶の光軸とを含む平面に垂直に振動しているが異常光線では他の向きに振動している。異常光線を生じるのは,結晶軸の方向と Dの方向との差異によって異なる屈折率をもつからである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐こうせん〔ジヤウクワウセン〕【常光線】

光が方解石などを通過して二方向に分かれて屈折したとき、屈折の法則に従っているほうの光線。⇔異常光線

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうこうせん【常光線】

結晶の複屈折によって二つに分かれた光線のうち、入射角と屈折角の間に屈折の法則が成り立つ方の光線。 ↔ 異常光線

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の常光線の言及

【複屈折】より

…単軸結晶では二つの偏光の位相速度の一致する波面法線方向が一つあり,これを光学軸という。光学軸と波面法線とがなす平面内に電場のある偏光は常光線と呼ばれ,スネルの法則を満たすように屈折する。これに垂直な偏光は異常光線と呼ばれ,方向によって位相速度,したがって屈折率が変化し,一見スネルの法則を満たさぬような屈折をする。…

※「常光線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

常光線の関連キーワードロションプリズムリヨ・フィルター偏光複像プリズムニコルのプリズムバビネの補正板四分の一波長板ニコルプリズムカー効果二軸結晶一軸結晶正結晶異方性波長板偏光板石英光軸消光

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android