コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異彩を放つ イサイヲハナツ

デジタル大辞泉の解説

異彩(いさい)を放・つ

普通とは違った色彩や光を出す。
「渠(かれ)の眼色(めざし)は、顰(ひそ)める眉の下より―・てり」〈鏡花・義血侠血〉
多くの中できわだって見える。「画壇の中で―・つ新人」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いさいをはなつ【異彩を放つ】

ひときわ異なって見える。一段とすぐれて見える。 「多くの中で-・つ男」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

異彩を放つの関連キーワードジョン・リー フッカーニューヨークの市庁舎マルチロス サリヤンローレンス ブロック日本のおもな美術館イッコウチョウヒノマルチョウディオニソス旧豊宮崎文庫プラウトゥス堤中納言物語ウド キア徳大寺実基加藤 東一東京都庁舎石清水物語エンプソンドイツ文学佐藤 丑蔵フランドル

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異彩を放つの関連情報