コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異彩 イサイ

デジタル大辞泉の解説

い‐さい【異彩】

普通とは違ったいろどり。
きわだってすぐれたようす。
「一種―のある過去を覗く様な素振を見せた」〈漱石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いさい【異彩】

〔「普通とは異なった色どり」の意から〕
普通とは異なって目立つようす。また、他よりひときわすぐれているようす。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

異彩の関連キーワードカントル(Tadeusz Kantor)チャールス マクファーソンパク・テウォン(朴泰遠)ジョン・リー フッカーミハイル プレトニョフマルチロス サリヤンニューヨークの市庁舎ツァンヤンギャツォ東 武蔵(1代目)ポール ガルドン東 武蔵(初代)ヒノマルチョウイッコウチョウアーンドラ美術渡辺 巳之次郎揚州十日記ウド キア佐藤 丑蔵クラーナハ石清水物語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異彩の関連情報