疏銘・䟽銘(読み)しょめい

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐めい【疏銘・䟽銘】

〘名〙 祈祷の趣意を書き付けた文書に、願主の姓名を書いたもの。〔随筆・貞丈雑記(1784頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる