趣意(読み)しゅい

精選版 日本国語大辞典「趣意」の解説

しゅ‐い【趣意】

〘名〙
① 考え。意見。むね。趣旨。意志。意
※俳諧・歴代滑稽伝(1715)「文章もしさゐらしく書つづけ侍れど、口より奥まで趣意(シュイ)が通らず」
※随筆・文会雑記(1782)二「其序の趣意は、老子と云人昔になきことにて、荘子の寓言に出たるなり」
② 恨みの心。怨恨。意趣。
※幸若・ほり川(室町末‐近世初)「天下の御敵候か私のしゅい候歟」
③ 物の筋道道理。理由。理屈。わけ。主意。意趣。
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)五「汝等誰れが吩咐(いひつけ)なれば、只一言の趣意(シュイ)をも演(の)べず」
[語誌]中古から近世にかけては、ほぼ同義で漢籍出典のある「意趣」が優勢だったが、近世以降「趣意」が多用されるようになる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「趣意」の解説

しゅ‐い【趣意】

物事をなすときの考えやねらい。また、言わんとする意味。趣旨。「会合の趣意を説明する」
「学問の―を記して…一冊を綴りしかば」〈福沢学問のすゝめ
[類語]意味内容意図目的理由動機主意真意ねらいわけ趣旨大綱主旨主眼眼目論旨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「趣意」の解説

【趣意】しゆい

考え。意図。〔唐書、卓行、司空図伝〕、長安を陷(おとしい)る。~會(たまたま)洛陽る。~天下のを誅せんとし、~圖に詔して入せしむ。圖、(いつは)りて笏(しやく)を墮(おと)す。趣は野耄(やまう)(田舎老人)にあり。、世に無きことを知り、乃ち聽(ゆる)しらしむ。

字通「趣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android