コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趣意 シュイ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐い【趣意】

物事をなすときの考えやねらい。また、言わんとする味。趣旨。「会合の趣意を説明する」
「学問の―を記して…一冊を綴りしかば」〈福沢学問のすゝめ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅい【趣意】

物事を始めるときの考え・動機・目的・意見。
文章や話などで、伝えようとしている意味や内容、考え。主旨。 〔同音語の「主意」は中心となる考えやねらいのことであるが、それに対して「趣意」は物事を始めようとするときの考えや目的のことをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

趣意の関連キーワード川辺佐次衛門日本考古学会連ね・列ね法華経義記上告理由書愛国婦人会唯識二十論山口一太郎村山照吉靖献遺言法華玄義大原幽学三経義疏献物帳質問権斬奸状奉加帳趣意書同音語心延え

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

趣意の関連情報