願主(読み)ガンシュ

大辞林 第三版の解説

がんしゅ【願主】

〔「がんじゅ」とも〕
神仏に願を立てた当人。ねがいぬし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐しゅ グヮン‥【願主】

〘名〙 (「がんじゅ」とも) 善根功徳を積もうという願いで、仏像や仏寺を建立したり、経典や法衣の供養などを発願した本人。本願(ほんがんしゅ)。ねがいぬし。
※解深密経‐巻五跋‐天平勝宝元年(749)一〇月二一日「願主近事瑜行知識并弐拾壱人」
※千載(1187)離別・四八八・詞書「かの国の願主(グヮンジュ)別れ惜しみけるに」

ねがい‐ぬし ねがひ‥【願主】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

願主の関連情報