コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疾く トク

デジタル大辞泉の解説

とく【疾く】

《形容詞「と(疾)し」の連用形》
すぐに。急いで。
「その窓の戸―さしてよ」〈鴎外・文づかひ〉
時間的にさかのぼった時点で。ずっと以前に。
「(名刺ヲ)―用意をして居たらしい」〈鏡花婦系図
[名]ずっと以前。とっく。
「我も―より気の付かざるにはあらねども」〈根無草

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とく【疾く】

( 副 )
〔形容詞「とし」の連用形から〕
早く。急いで。すぐに。 「用ありて行きたりとも、その事はてなば、-帰るべし/徒然 170
時間的にさかのぼったさま。以前に。とっくに。とうに。 「斯様こんな事を書てあるのを、諸君は-御承知であらふ/思出の記 蘆花」 「年歯-に六十を越へたれども/火の柱 尚江
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

疾くの関連キーワード曲者・癖者迫り立てる生恨めし思ひ構ふ道嶋嶋足疾く疾く疾っく最果て連用形根差し疾うに公事疾う年歯破る切情伝承猶し

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android