コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疾く トク

2件 の用語解説(疾くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とく【疾く】

《形容詞「と(疾)し」の連用形》
すぐに。急いで。
「その窓の戸―さしてよ」〈鴎外・文づかひ〉
時間的にさかのぼった時点で。ずっと以前に。
「(名刺ヲ)―用意をして居たらしい」〈鏡花婦系図
[名]ずっと以前。とっく。
「我も―より気の付かざるにはあらねども」〈根無草

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とく【疾く】

( 副 )
〔形容詞「とし」の連用形から〕
早く。急いで。すぐに。 「用ありて行きたりとも、その事はてなば、-帰るべし/徒然 170
時間的にさかのぼったさま。以前に。とっくに。とうに。 「斯様こんな事を書てあるのを、諸君は-御承知であらふ/思出の記 蘆花」 「年歯-に六十を越へたれども/火の柱 尚江
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone