病める少女

デジタル大辞泉プラスの解説

病める少女

ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの絵画(1885-86)。原題《Det syke barn》。「病める子供」とも呼ばれる。病床の娘の手を握る母親の姿を描いたもの。ムンク初期の代表作の一つで、同じ画題の絵画が複数存在する。オスロ国立博物館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android