コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癇声 カンゴエ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ごえ〔‐ごゑ〕【×癇声】

癇癪(かんしゃく)を起こしたときの高い声。「癇声でしかりつける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんごえ【癇声】

癇癪かんしやくを起こした人の高い声。 「藤尾の-は鈍い水を敲いて、鋭どく二人の耳に跳ね返つて来た/虞美人草 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

癇声の関連キーワード虞美人草

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android