虞美人草(読み)ぐびじんそう

精選版 日本国語大辞典「虞美人草」の解説

ぐびじん‐そう ‥サウ【虞美人草】

[1] 〘名〙 植物「ひなげし(雛罌粟)」の異名。《季・夏》 〔元亀本運歩色葉(1571)〕
[2] 小説。夏目漱石作。明治四〇年(一九〇七)発表。自我の強い高慢な女主人公藤尾の失恋を通して、利己と道義の相克を描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「虞美人草」の解説

虞美人草

1935年公開の日本映画。監督:溝口健二原作夏目漱石による同名小説脚本:高柳春雄、潤色:伊藤大輔、撮影:三木稔。出演:夏川大二郎、月田一郎、武田一義、大倉千代子、二条あや子、三宅邦子ほか。

虞美人草

日本のポピュラー音楽は女性演歌歌手、長保有紀。1993年発売。作詞:鳥井実、作曲:深谷昭。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「虞美人草」の解説

ぐびじん‐そう〔‐サウ〕【虞美人草】

ヒナゲシの別名。虞美人が自決したときの血が、この花になったという伝説がある。 夏》
[補説]書名別項。→虞美人草

ぐびじんそう【虞美人草】[書名]

夏目漱石の小説。明治40年(1907)発表。自我の強い高慢な女藤尾を通して、利己道義相克を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android