コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虞美人草 グビジンソウ

デジタル大辞泉の解説

ぐびじん‐そう〔‐サウ〕【虞美人草】

ヒナゲシの別名。虞美人が自決したときの血が、この花になったという伝説がある。 夏》
[補説]書名別項。→虞美人草

ぐびじんそう【虞美人草】[書名]

夏目漱石の小説。明治40年(1907)発表。自我の強い高慢な女藤尾を通して、利己道義相克を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

虞美人草

漱石は朝日新聞で「こころ」「三四郎」など10編の長編小説を連載したが、「虞美人草」は第1作。1907年6月23日から10月29日にかけ、全127回連載された。秀才だが貧しい主人公の男が、洗練された美しい女と、古風な恩師の娘との間で揺れる。三越から「虞美人草浴衣」が売り出されるほど話題になった。文体は、後の「三四郎」などの作品とは異なり、華麗な語句で飾った美文調で書かれた。

(2015-02-21 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

虞美人草

1935年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:夏目漱石による同名小説、脚本:高柳春雄、潤色伊藤大輔、撮影:三木稔。出演:夏川大二郎、月田一郎、武田一義、大倉千代子、二条あや子、三宅邦子ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐびじんそう【虞美人草】

ヒナゲシの別名。 [季] 夏。

ぐびじんそう【虞美人草】

小説。夏目漱石作。1907年(明治40)発表。驕慢きようまんな女藤尾を中心に、我執と道義の相剋そうこくを描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

虞美人草 (グビジンソウ)

植物。ケシ科の一年草,園芸植物,薬用植物。ヒナゲシの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

虞美人草の関連キーワード蘞辛っぽい空っ惚ける常しなえ思い暮す露知らずしゃくむ手に入るぬらぬら屈託顔竦まる蹙まる夏向き爪上り雛罌粟はきと旅心地聞済みはっきのっと臚列

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虞美人草の関連情報