コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癸未年銘金銅一光三尊仏 きみねんめいこんどういっこうさんぞんぶつKyemi-nyǒnmyǒng kǔmdong ilgwang samjon-bul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癸未年銘金銅一光三尊仏
きみねんめいこんどういっこうさんぞんぶつ
Kyemi-nyǒnmyǒng kǔmdong ilgwang samjon-bul

韓国,ソウルの澗松美術館収蔵の百済の金銅仏。如来立像を中尊に,光背の両袖に菩薩立像を鋳出した金銅仏 (全高 17.5cm) 。光背裏面に「癸未年十一月一日…」の造像年銘があり,百済威徳王 10 (563) 年の作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android