コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中尊 チュウゾン

大辞林 第三版の解説

ちゅうそん【中尊】

〔「ちゅうぞん」とも〕
〘仏〙 一群の仏像のうち中心をなすもの。脇侍などと区別していう語。阿弥陀三尊の阿弥陀如来、密教五仏の大日如来、五大明王の不動明王など。中台の尊。 「 -の御手には五色の糸をかけられたり/平家 灌頂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中尊の言及

【仏像】より


【仏像に関する用語】
 仏像の種類・名称については冒頭で触れたが,これらを礼拝対象としてみた場合,一寺あるいは一堂の中心的な仏像を本尊といい,その両脇に随侍の形で配置される尊像を脇侍と呼んでいる。この一組が3体以上で構成される場合,本尊を中尊と呼ぶことが多い。〈阿弥陀三尊〉のように中尊が如来,脇侍が2体の菩薩像である場合が一般的である。…

【本尊】より

…すなわち,本堂などに修行や礼拝の対象として安置する仏,菩薩像,画像などをいう。一堂宇のなかにあるいくつかの尊像のうち主たるもの,また脇侍や眷属と区別して中尊を意味することもある。本尊の語は《大日経》説本尊三昧品・世間成就品・秘密八印品,《大悲空智経》大相応輪品・俱生義品などにみられる。…

※「中尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中尊の関連キーワード廃少菩提寺石多宝塔および石仏癸未年銘金銅一光三尊仏善山出土金銅仏菩薩像四天王寺(三重県)善光寺式阿弥陀三尊佳興里磨崖三尊仏浄土寺(兵庫県)脇侍(きょうじ)宝山寺(奈良県)瑞山磨崖三尊仏緒方宮迫東石仏閻魔天曼荼羅古法華三尊仏本地身説法狛坂磨崖仏一光三尊像五大力菩薩三十三間堂大谷磨崖仏虚空蔵菩薩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中尊の関連情報