中尊(読み)チュウゾン

大辞林 第三版の解説

ちゅうそん【中尊】

〔「ちゅうぞん」とも〕
〘仏〙 一群の仏像のうち中心をなすもの。脇侍などと区別していう語。阿弥陀三尊の阿弥陀如来、密教五仏の大日如来、五大明王の不動明王など。中台の尊。 「 -の御手には五色の糸をかけられたり/平家 灌頂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐そん【中尊】

〘名〙 (「ちゅうぞん」とも)
① 中央に立つ尊像。壇上の左右に脇士を従え、まん中に立っている仏像。来迎(らいごう)の三尊仏(観音・阿彌陀・勢至)のうちの阿彌陀仏。また、密教の五仏の大日如来、五大明王のうちの不動明王。中台の尊。
※本朝文粋(1060頃)一〇・落葉声如雨詩序〈慶滋保胤〉「中起高堂。大悲観世音為中尊
② 三幅一対(さんぷくいっつい)の掛け物の、中央のもの。
※評判記・役者二挺三味線(1702)江戸「先大床の掛物は、中尊は女絵にていか成上手が書けるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中尊の言及

【仏像】より


【仏像に関する用語】
 仏像の種類・名称については冒頭で触れたが,これらを礼拝対象としてみた場合,一寺あるいは一堂の中心的な仏像を本尊といい,その両脇に随侍の形で配置される尊像を脇侍と呼んでいる。この一組が3体以上で構成される場合,本尊を中尊と呼ぶことが多い。〈阿弥陀三尊〉のように中尊が如来,脇侍が2体の菩薩像である場合が一般的である。…

【本尊】より

…すなわち,本堂などに修行や礼拝の対象として安置する仏,菩薩像,画像などをいう。一堂宇のなかにあるいくつかの尊像のうち主たるもの,また脇侍や眷属と区別して中尊を意味することもある。本尊の語は《大日経》説本尊三昧品・世間成就品・秘密八印品,《大悲空智経》大相応輪品・俱生義品などにみられる。…

※「中尊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中尊の関連情報