コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発眼卵 はつがんらん

大辞林 第三版の解説

はつがんらん【発眼卵】

〘生〙 発生が進み、目に黒色色素が沈着し、卵膜をとおして肉眼で目が認められるようになった魚卵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

発眼卵の関連キーワードズワイガニ人工孵化種苗肉眼魚卵卵膜