コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵膜 らんまく egg membrane

4件 の用語解説(卵膜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵膜
らんまく
egg membrane

動物の卵を包む非細胞性の膜の総称。卵または胚を保護する。膜の由来によって,卵細胞自身から分泌された膜を第一次卵膜 (卵黄膜,受精膜) ,卵巣のろ胞より分泌された膜を第二次卵膜 (漿膜,硬骨魚や昆虫の卵殻) ,輸卵管およびその付属腺からつけ加えられた膜を第三次卵膜 (鳥類や爬虫類の卵白,卵殻膜,卵殻,両生類の卵の寒天様物質など) という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らん‐まく【卵膜】

動物の卵を包んでいる被膜の総称。鶏では、卵白・卵殻膜・卵殻の3層をなす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

卵膜【らんまく】

卵の表面にある非細胞性の被膜。したがって卵の一部である表層膜や細胞膜は入らない。卵自身が分泌した卵黄膜や受精膜,周囲の細胞が分泌した昆虫類の卵殻,輸卵管が分泌したニワトリの卵白・卵殻膜・卵殻,カエルジェリー層などが区別できる。
→関連項目胎児

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

らんまく【卵膜】

動物の卵細胞を包む非細胞性の膜の総称。形成過程により、一次・二次・三次卵膜に分類される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の卵膜の言及

【出産】より

… 胎盤は子宮後壁に付着しているものが43%と最も多く,前壁30%,右側17%,左側9%であり,また胎児は胎盤に向かい合うのが普通である(90%)。胎盤は正期産では重量450g,径15~20cm,表面積300cm2,厚さ2cmで,卵膜に覆われた胎児面と子宮壁に付着した母体面との間に絨毛群がある。胎児付属物としては胎盤のほかに臍帯(さいたい),卵膜,羊水などがある。…

【妊娠】より

…卵の着床した基底部の脱落膜を基底脱落膜または床脱落膜といい,受精卵の進入口すなわち卵の表面に形成される内膜を被包脱落膜,卵に直接関係のない残りの脱落膜を壁側脱落膜という。(4)胎盤と卵膜の形成 着床直後から受精卵の栄養胚葉は急速に増殖し,あたかも草木の毛根のように,その表面に合胞体栄養膜細胞と栄養膜細胞からなる絨毛(じゆうもう)突起を形成する。絨毛突起は周囲の脱落膜を融解しつつ侵入,増殖し,脱落膜内を走る母体の血管を破壊し,母体の血液は侵食された基底脱落膜の欠損部に貯留して血液腔を形成する。…

※「卵膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

卵膜の関連キーワード滑膜心膜卵殻外皮動物界上包み関節包筋上皮細胞側底膜放線冠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone