コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登照 とうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

登照 とうしょう

?-? 平安時代中期の僧。
京都一条にすみ,人相見の名人として知られた。天台座主(ざす)院源の弟子良因,藤原頼通(よりみち),東大寺の学僧蔵満らの相をうらなった話が,「今昔物語集」などの説話中にみえる。法名は洞照とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android