コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院源 いんげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

院源 いんげん

951-1028 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)5年生まれ。比叡(ひえい)山で良源,覚慶に師事。朝廷貴族におもんじられ,一条上皇,三条上皇,藤原道長らの出家の戒師をつとめる。寛仁(かんにん)4年天台座主。治安3年僧正・法務。弁舌にすぐれ,源満仲はその説法をきいて出家したという。晩年は西塔西方院に隠棲(いんせい)した。万寿5年5月16日死去。78歳。俗姓は平(たいら)。通称は西方院僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

院源

没年:長元1.5.24(1028.6.19)
生年:天暦5(951)
平安中期の天台宗の僧。一説に天暦6(952)年生まれ。陸奥守平基平の子。幼くして父を亡くし,比叡山に登って良源,覚慶に師事した。正暦4(993)年,円珍門徒(寺門派)が比叡山から分離した際,勝算,成算らの横暴を訴える奏状を書く。長保3(1001)年に権律師,翌年内裏御八講の賞により権少僧都,寛弘4(1007)年に天台座主(第26世),権僧正,治安3(1023)年に僧正となり,法務を兼ねた。万寿2(1025)年には後一条天皇に仁王経(護国安穏のため般若波羅蜜多を受持すべきと説く)を講じて,天皇などの乗り物である輦車での参内を許された。このように僧侶としての栄達を極めたのは,院源が説法の名手で,皇族,貴族の需要に幅広く応えていたことにもよる。藤原道長の造営した法成寺金堂の落慶供養の導師,一条上皇,三条上皇,藤原彰子,道長らの出家の際の戒師,葬送の導師なども勤めた。<参考文献>『天台座主記』『元亨釈書』4,卍元師蛮『本朝高僧伝』10(『大日本仏教全書』),『三十五文集』『今昔物語集』19(『日本古典文学大系』25巻)

(三橋正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

院源の関連キーワード林丘寺宮元瑶尼後二条天皇後嵯峨天皇後光明天皇後花園天皇恵檀二流後西天皇重源登照源心

院源の関連情報