コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登科記 とうかきdēng kē jì

世界大百科事典 第2版の解説

とうかき【登科記 dēng kē jì】

中国で科挙とくに進士科の試験に合格した者を年次ごとに編纂した記録。唐初から始まったらしく,宋の韓思撰《五代登科記》等も残されているが,最も代表的なのは清の徐松撰《登科記考》30巻であって,唐朝とそれにつづく五代の諸王朝で実施された科挙についてのあらゆる文献,つまり各年度ごとの合格者の人数と姓名,試験問題と合格者の答案などを可能なかぎり網羅している。【礪波 護】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android