コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白じょうゆ(醤油) しろじょうゆ

百科事典マイペディアの解説

白じょうゆ(醤油)【しろじょうゆ】

薄い黄色のしょうゆ。精白したコムギを主体に,煎(い)って砕いた脱皮ダイズを少量加えて,蒸して麹をつくり,これに食塩水を混合してもろみにする。もろみの発酵を極力抑え,酵素分解を主として作るため色が薄くなる。短期間に熟成させるためうま味は少ないが,糖分が多く香りがよい。吸い物や煮物に淡口(うすくち)しょうゆ同様に使われる。主産地は愛知県一帯。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android