もろみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「もろみ」の解説

もろみ
もろみ / 醪
諸味

醸造してまだ粕(かす)を漉(こ)していない状態の酒、またはしょうゆ。語義は、「諸実(もろみ)」で汁と粕とが混じったものの意とか、「脆実(もろみ)」でもろく熟れる実の意などという。日本酒の場合は、蒸し米と麹(こうじ)と水を混ぜ、酒母(しゅぼ)(酛(もと))を加えて糖化、発酵を進行させている、どろどろの状態をもろみ(醪)という。焼酎(しょうちゅう)もろみもほぼ同様であるが、原料に雑穀、いも類なども用いる。ビールでは、麦汁(麦芽に温水を加えて糖化し、濾過(ろか)した糖化液)の発酵状態にあるものをいう。日本酒もろみの特色は、糖化と発酵が同時に行われる並行複発酵にあり、これが日本酒を、醸造酒のなかではアルコール含有量の高い酒(18~20%)としている原因といわれる(ワインは12~13%)。ビールは糖化と発酵の工程が分離されており、ビールもろみは単行発酵方式による発酵が進行する。しょうゆ醸造でも、仕込みから熟成して絞るまでの間をもろみ(諸味)とよんでいる。もろみ漬けは、この熟成もろみに野菜などを漬けたものである。

[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android