コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もろみ モロミ

2件 の用語解説(もろみの意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

もろみ

原料と麹、水、酵母を発酵させた、かゆ状の酒のもと。これを袋に入れて搾り、液体の清酒と固形の酒粕に分離する。蒸留すれば米焼酎。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

もろみ
もろみ / 醪・諸味

醸造してまだ粕(かす)を漉(こ)していない状態の酒、またはしょうゆ。語義は、「諸実(もろみ)」で汁と粕とが混じったものの意とか、「脆実(もろみ)」でもろく熟れる実の意などという。日本酒の場合は、蒸し米と麹(こうじ)と水を混ぜ、酒母(しゅぼ)(もと))を加えて糖化、発酵を進行させている、どろどろの状態をもろみ(醪)という。焼酎(しょうちゅう)もろみもほぼ同様であるが、原料に雑穀、いも類なども用いる。ビールでは、麦汁(麦芽に温水を加えて糖化し、濾過(ろか)した糖化液)の発酵状態にあるものをいう。日本酒もろみの特色は、糖化と発酵が同時に行われる並行複発酵にあり、これが日本酒を、醸造酒のなかではアルコール含有量の高い酒(18~20%)としている原因といわれる(ワインは12~13%)。ビールは糖化と発酵の工程が分離されており、ビールもろみは単行発酵方式による発酵が進行する。しょうゆ醸造でも、仕込みから熟成して絞るまでの間をもろみ(諸味)とよんでいる。もろみ漬けは、この熟成もろみに野菜などを漬けたものである。[秋山裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もろみの関連キーワードイースト発酵乳焼酎乙類下面発酵後発酵茶直ごね法乳糖発酵酵母リンゴ酢クリュイヴェル‐デッカーの法則島田式農法

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

もろみの関連情報