コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白亜紀海進 はくあきかいしん

百科事典マイペディアの解説

白亜紀海進【はくあきかいしん】

白亜紀中期(セノマニア世)〜後期に大陸の多くの地域が沈降して海域が広がった現象。北米大陸の中央部ではメキシコ湾から侵入した海がハドソン湾方面の海と連絡,西のコルディレラの陸地と東のアパラチア山脈とは完全に隔てられた。
→関連項目白亜紀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の白亜紀海進の言及

【海進】より

… 海進・海退は,地質時代を通じて各地で何回も繰り返して生じた現象であり,その規模も大小さまざまである。汎世界的な大規模な海進としては,白亜紀後半(ほぼ1億年前から6500万年前にかけて)のいわゆる白亜紀海進が著名で,この時期に西ヨーロッパ~南ヨーロッパ,西アフリカ~北アフリカ,西アジア~南アジア,北アメリカ中~西部,南アメリカ西部など,各大陸のかなりの範囲が浅海におおわれた。日本では,新第三紀中新世の初期末から中期初頭(1600万~1500万年前)の海進がもっとも顕著である。…

※「白亜紀海進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android