コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白塔山公園 はくとうざんこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

はくとうざんこうえん【白塔山公園】

中国の甘粛(かんしゅく)省の蘭州(らんしゅう)(ランチョウ)にあり、黄河北岸の白塔山麓に広がる公園。白塔山は起伏の激しい山で、元の時代に山頂に建立された白塔は、チンギス・ハーンに会うためモンゴルに行く途中、この地で病没したチベット僧のために建てられたといわれる。7層八角、高さ17mの塔は、多くの仏像の浮き彫りなどが刻まれている。公園は約8000m2で、山麓から山頂にかけては古典様式の白塔寺や羅漢殿などいくつもの建築群が建ち並び、それらをつなぐ回廊によって公園内を散策できる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

白塔山公園の関連キーワードチンギス・ハーン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android