コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白河の関 シラカワノセキ

2件 の用語解説(白河の関の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しらかわ‐の‐せき〔しらかは‐〕【白河の関】

福島県白河市にあった古代の関所。勿来(なこそ)の関念珠ヶ関(ねずがせき)とともに奥州三関の一。[歌枕]
「都をば霞とともにたちしかど秋風ぞ吹く―」〈後拾遺・羇旅〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらかわのせき【白河の関】

勿来なこその関・念珠ねずヶ関とともに、奥州三関の一。奈良時代、蝦夷えぞの南下を防ぐために設けられ、福島県白河市旗宿付近にあった。⦅歌枕⦆ 「みやこをばかすみとともにたちしかどあきかぜぞふく-/後拾遺 羇旅

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白河の関の関連情報