コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白河の関 シラカワノセキ

大辞林 第三版の解説

しらかわのせき【白河の関】

勿来なこその関・念珠ねずヶ関とともに、奥州三関の一。奈良時代、蝦夷えぞの南下を防ぐために設けられ、福島県白河市旗宿付近にあった。⦅歌枕⦆ 「みやこをばかすみとともにたちしかどあきかぜぞふく-/後拾遺 羇旅

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

白河の関の関連キーワード日本のおもな城松平直矩白河関跡河北新報勿来の関白河越え念珠ヶ関橘為仲遊行柳能因

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白河の関の関連情報