コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白竜号 はくりゅうごう

1件 の用語解説(白竜号の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はくりゅうごう【白竜号】

日本の海洋油田掘削装置。昇降型移動式プラットフォーム(別名ジャッキアップ型)と呼ばれるもので,1958年に石油資源開発株式会社が建造し,秋田県および新潟県の沖合で油田の開発に従事。水深27mまでの海で稼働可能である。〈白竜号〉は71年日本海洋掘削株式会社の所有となり〈第1白竜〉と改名された。85年現在同社は,70年石油開発公団が建造しのちに同社の所有となった〈第2白竜〉,74年同社が建造した〈第3白竜〉以下〈第9白竜〉までのバージを所有している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白竜号の関連キーワード移動度頸城油田ケージ八橋油田自動式オイルリグ昇降計奈須紀幸階段昇降機日本海洋掘削

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone