白竜号(読み)はくりゅうごう

世界大百科事典 第2版の解説

はくりゅうごう【白竜号】

日本の海洋油田掘削装置。昇降型移動式プラットフォーム(別名ジャッキアップ型)と呼ばれるもので,1958年に石油資源開発株式会社が建造し,秋田県および新潟県沖合で油田の開発に従事。水深27mまでの海で稼働可能である。〈白竜号〉は71年日本海洋掘削株式会社の所有となり〈第1白竜〉と改名された。85年現在同社は,70年石油開発公団が建造しのちに同社の所有となった〈第2白竜〉,74年同社が建造した〈第3白竜〉以下〈第9白竜〉までのバージを所有している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android