白花蛇苺(読み)シロバナノヘビイチゴ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白花蛇苺 (シロバナノヘビイチゴ・シロバナヘビイチゴ)

植物。バラ科の多年草。モリイチゴの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しろばな‐の‐へびいちご【白花蛇苺】

〘名〙 バラ科の多年草。北海道、本州中部以北の深山に生える。高さ一〇センチメートル内外。長く走出する枝を伸ばして繁殖する。全体にちぢれた軟毛を生じる。葉は三出複葉で長柄をもち、根ぎわに集まって生える。小葉は長さ二~四センチメートルの倒卵形で縁に粗い鋸歯(きょし)がある。初夏、葉間から伸びた花茎の頂に径約二センチメートルの白い五弁花が咲く。花托(かたく)は楕円形、液質で赤く熟し食すことができる。もりいちご。しろばなへびいちご。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android