コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長柄 ナガエ

デジタル大辞泉の解説

なが‐え【長柄】

器物や武具の柄の長いこと。また、その柄。「長柄のひしゃく」
柄の長い器具や武具。槍・刀・銚子など。

なが‐つか【長柄】

矢束(やつか)のきわめて長いもの。
柄(つか)の長い刀。
ニシキギンポ科の海魚

ながら【長柄】

大阪市北区の地名淀川新淀川との分岐点の南西側に位置する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ながえ【長柄】

器物や武具の柄が長いこと。また、柄の長い器物や武具。 「 -のきせる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長柄
ながら

大阪市西部、北区の淀川と新淀川の分岐点の西側一帯の地。孝徳(こうとく)天皇の難波(なにわ)長柄豊碕宮(とよさきのみや)の地と推定されたが、現在では宮跡は大阪城一帯と考えられている。摂津(せっつ)の国分寺はこの付近にあった。『古今集』などには「長柄の橋」として多く詠まれている。付近には、繊維、染色、薬品などの工場がある。奈良時代創建と伝えられる古刹(こさつ)の鶴満(かくまん)寺がある。[安井 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

長柄 (ナガズカ)

動物。タウエガジ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の長柄の言及

【槍∥鎗∥鑓】より

…江戸時代の柄は太刀打(たちうち)といって,茎のはいる部分を千段巻にしたり,青貝叩(あおがいたたき)に塗って,その下部を麻糸で鏑(かぶら)巻に巻いて血どめとしている。長さは6尺または9尺の〈手鑓(てやり)〉から一丈(約3m)ないし2間(1間は約1.8m),3間に及ぶ〈長柄(ながえ)〉があり,アカガシを材として,江戸時代以前には素地(きじ)の柄が多く,長柄には狂わぬように割竹をあわせて魚膠(にべ)で練りつけた打柄が用いられた。塗柄としては,黒漆塗や青貝叩があり,皆朱(かいしゆ)の柄は武辺者に限られた。…

※「長柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長柄の関連キーワード千葉県長生郡長柄町山之郷千葉県長生郡長柄町千代丸千葉県長生郡長柄町六地蔵千葉県長生郡長柄町国府里千葉県長生郡長柄町大津倉千葉県長生郡長柄町針ケ谷千葉県長生郡長柄町中野台千葉県長生郡長柄町小榎本千葉県長生郡長柄町皿木千葉県長生郡長柄町田代千葉県長生郡長柄町立鳥千葉県長生郡長柄町鴇谷群馬県邑楽郡邑楽町篠塚千葉県長生郡長柄町味庄千葉県長生郡長柄町船木千葉県長生郡長柄町長富千葉県長生郡長柄町桜谷千葉県長生郡長柄町高山千葉県長生郡長柄町力丸千葉県長生郡長柄町金谷

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長柄の関連情報