コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白雲岩 ハクウンガン

大辞林 第三版の解説

はくうんがん【白雲岩】

ドロマイトよりなる岩石。苦灰岩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白雲岩
はくうんがん

ドロマイト」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の白雲岩の言及

【ドロストーン】より

…混乱をさけるために鉱物名ドロマイトと区別してこの名を用いるが,必ずしも広くは使用されていない。苦灰岩あるいは白雲岩ともいう。ドロマイトを50%以上含む炭酸塩岩をドロストーンに含め,それ以下はドロマイト(苦灰岩)質石灰岩という。…

※「白雲岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白雲岩の関連キーワードドロミーティ山地先カンブリア時代中国南部カルストサーレマー[島]ドロストーン牧水軒 珊子ベッセマー石灰角蛮岩タクタイトハンガリー白雲大理石プレダズ岩近江盆地ペルム紀洞穴水石灰岩岩石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android