コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百田紙(ももたがみ)

1件 の用語解説(百田紙(ももたがみ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

百田紙(ももたがみ)

かつて沖縄県で生産されていた和紙。17世紀末に大見武憑武(ウフンチャキヒョウブ)が薩摩で製法を学び、当事の琉球に伝えたものとされる。「ひゃくたし」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の百田紙(ももたがみ)の言及

【琉球紙】より

…薩摩藩に行政的に従った後は文書も同じ規格に迫られただろうと思われる。1686年(貞享3)に首里王府の命令で関忠雄(かんちゆうゆう)が薩摩に渡って,杉原漉方であった草野五右衛門から杉原紙(すぎはらがみ)や百田紙(ひやくたし)などの製法を学んで帰り,現在の首里金城町の大樋川の近くに製紙所を建てた。その技法を学んで,石垣島,西表(いりおもて)島の租納(そない)や古見(こみ),宮古島とその属島の多良間島や久米島などと各地に製紙所が設けられた。…

※「百田紙(ももたがみ)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百田紙(ももたがみ)の関連キーワード青長ウベ扇いも島だいこん島にんじんターンムチシャナバーチデークニパパヤー蛭谷和紙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone