百舌勘定(読み)モズカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

もず‐かんじょう〔‐カンヂヤウ〕【百舌勘定】

鴫(しぎ)百舌が15文の買い食いをして勘定をするとき、百舌は、鳩に8文、に7文出させて、自分は1文も出さなかったという昔話から》勘定のとき、自分は金を出さないで他人にばかり出させようとすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もずかんじょう【百舌勘定】

〔ハトとシギとモズが集まって一五文の買い食いをしたが、ハトに八文、シギに七文出させて、モズは一文も出さなかったという昔話から〕
自分はあまり金を出さず、他の人にばかり出させようとすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android