百舌(読み)モズ

デジタル大辞泉 「百舌」の意味・読み・例文・類語

もず【百舌/×鵙/百鳥】

モズ科の鳥。全長約20センチ。雄は頭部が赤茶色で目を通る黒い帯があり、背面は灰褐色、下面は淡褐色。雌は全体に褐色くちばしは鋭いかぎ状をし、小動物を捕食。秋になると、獲物を木の枝などに突き刺して速贄はやにえを作る習性があり、また、長い尾を振りながらキイキイキチキチと鋭い声で高鳴きをする。平地や低山の林縁で繁殖。もずたか。 秋》「かなしめば―金色の日を負ひ来/楸邨
スズメ目モズ科の鳥の総称チゴモズアカモズ夏鳥として、オオモズ冬鳥として日本に渡来

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版 「百舌」の解説

百舌 (モズ)

学名Laniidae bucephalus
動物。モズ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android