百舌/鵙/百舌鳥(読み)モズ

デジタル大辞泉の解説

もず【百舌/×鵙/百鳥】

モズ科の鳥。全長約20センチ。雄は頭部が赤茶色で目を通る黒い帯があり、背面は灰褐色、下面は淡褐色。雌は全体に褐色。くちばしは鋭い鉤(かぎ)状をし、小動物を捕食。秋になると、獲物を木の枝などに突き刺して速贄(はやにえ)を作る習性があり、また、長い尾を振りながらキイキイキチキチと鋭い声で高鳴きをする。平地や低山林縁で繁殖。もずたか。 秋》「かなしめば―金色の日を負ひ来/楸邨
スズメ目モズ科の鳥の総称。チゴモズ、アカモズ夏鳥として、オオモズは冬鳥として日本に渡来。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android