(読み)キュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう【鳩】[漢字項目]

人名用漢字] [音]キュウ(キウ)(漢) [訓]はと
〈キュウ〉
ハト。「鳩舎
あつまる。あつめる。「鳩合鳩首
〈はと(ばと)〉「鳩笛山鳩
[難読]斑鳩(いかる)斑鳩(いかるが)鳩尾(みぞおち)

はと【×鳩/×鴿】

ハト目ハト科の鳥の総称。スズメ大から鶏大のものまで大きさはさまざまで、色彩もさまざま。比較的頭が小さく、翼が発達してよく飛ぶ。くちばしを水につけたまま飲むことができ、主に果実種子を食べる。ひなは、親鳥が吐き出すピジョンミルクとよばれる嗉嚢(そのう)分泌物を食べて育つ。日本にはキジバトアオバトなどがすむが、ドバトをいうことが多い。オリーブの枝とともに平和の象徴とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鳩 (ハト)

動物。ハト科に属する鳥の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳩の関連情報