コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇甫東朝 こうほ とうちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇甫東朝 こうほ-とうちょう

?-? 奈良時代の渡来人。
唐(中国)の人。天平(てんぴょう)8年(736)遣唐副使の中臣名代(なかとみの-なしろ)とともに来日。天平神護(じんご)2年(766)法華寺(ほっけじ)舎利会(しゃりえ)で,皇甫昇女(しょうにょ)とともに唐楽を奏し,従五位下となる。のち従五位上,越中介(えっちゅうのすけ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

皇甫東朝の関連キーワード続日本紀と皇甫東朝李密翳

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android