コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇軍 コウグン

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぐん〔クワウ‐〕【皇軍】

天皇が統率する軍隊。もと、日本の陸海軍を称した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぐん【皇軍】

天皇が統率する軍隊。日本帝国陸海軍の呼び名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の皇軍の言及

【近代社会】より

…いわば〈天皇の国〉は,ヨーロッパの君主制に基づく〈文明の統治〉として政治を展開しながらも,国家と民衆の亀裂を内包しているがために,国家的危機において常に〈国体神話〉による天皇信仰を強調せねばならなかった。その一端は,日露戦争後の国軍が物質的威力に勝る精神力の優位を説き,やがて昭和初頭に軍隊の大衆化に対して〈必勝の信念〉を支えるものとして〈天皇信仰〉の発露を力説し,15年戦争下で〈天皇親率〉の〈皇軍〉意識を強調しなくてはならなくなった軍隊の姿にもうかがえよう。 このことは,〈事ヲ統テ事ヲ執ラス〉という天皇の名による政治が行きづまったとき,国体神話による天皇イデオロギーをあらわとするしか民族的結集がはかれなかったことと共通する世界にほかならない。…

【富国強兵】より

…同時に近代的軍事力の創出が富国を保障するものとして重視され,国民皆兵主義にもとづき銃砲中心の軍隊の建設を推進した。当初陸軍はフランス,海軍はイギリスを範としたが,のちには陸軍はドイツを範とし,政府から独立した天皇直属の軍隊(皇軍)として強大化した。富国強兵はたんに国家的自立の維持のみならず欧米にならった植民帝国の建設をめざすようになり,朝鮮,中国あるいは南方への経済的・軍事的進出をも意味するようになった。…

※「皇軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皇軍の関連キーワードジュリアーノ・デ・メディチテレビ・ドキュメンタリーフィレンツェ共和国皇道派・統制派バッキー白片坂上田村麻呂二・二六事件教皇領国家観世 華雪湊川の戦い船橋 栄吉メディチ家日本無産党千田 夏光伊賀光季大友親秀チェゼナ荒木貞夫軍隊教育伊賀光綱

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇軍の関連情報