コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇軍 コウグン

2件 の用語解説(皇軍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぐん〔クワウ‐〕【皇軍】

天皇が統率する軍隊。もと、日本の陸海軍を称した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうぐん【皇軍】

天皇が統率する軍隊。日本帝国陸海軍の呼び名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の皇軍の言及

【近代社会】より

…いわば〈天皇の国〉は,ヨーロッパの君主制に基づく〈文明の統治〉として政治を展開しながらも,国家と民衆の亀裂を内包しているがために,国家的危機において常に〈国体神話〉による天皇信仰を強調せねばならなかった。その一端は,日露戦争後の国軍が物質的威力に勝る精神力の優位を説き,やがて昭和初頭に軍隊の大衆化に対して〈必勝の信念〉を支えるものとして〈天皇信仰〉の発露を力説し,15年戦争下で〈天皇親率〉の〈皇軍〉意識を強調しなくてはならなくなった軍隊の姿にもうかがえよう。 このことは,〈事ヲ統テ事ヲ執ラス〉という天皇の名による政治が行きづまったとき,国体神話による天皇イデオロギーをあらわとするしか民族的結集がはかれなかったことと共通する世界にほかならない。…

【富国強兵】より

…同時に近代的軍事力の創出が富国を保障するものとして重視され,国民皆兵主義にもとづき銃砲中心の軍隊の建設を推進した。当初陸軍はフランス,海軍はイギリスを範としたが,のちには陸軍はドイツを範とし,政府から独立した天皇直属の軍隊(皇軍)として強大化した。富国強兵はたんに国家的自立の維持のみならず欧米にならった植民帝国の建設をめざすようになり,朝鮮,中国あるいは南方への経済的・軍事的進出をも意味するようになった。…

※「皇軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皇軍の関連キーワード大元帥統帥軍帥主将司令官親任官陸海幹部学校軍隊手帳作戦記録画

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皇軍の関連情報