益者三友(読み)エキシャサンユウ

大辞林 第三版の解説

えきしゃさんゆう【益者三友】

〔論語 季氏
友として交わって利益のある三種類の人。すなわち、直(正直)・諒りよう(誠実)・多聞たもん(博識)である人。 ⇔ 損者三友

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えきしゃ【益者】 三友(さんゆう)

交際して益になる、正直、誠実、物知りの三種の友。⇔損者三友。〔論語‐季氏〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android