損者三友(読み)そんしゃさんゆう

精選版 日本国語大辞典「損者三友」の解説

そんしゃ【損者】 三友(さんゆう)

(「論語‐季氏」の「益者三友損者三友直、友諒、友多聞、益矣、友便辟、友善柔、友便佞、損矣」によることば) 交際すればかえって損になる三種の友。安易な道をとる人、他人にこびる人、口さきばかりの人をいう。⇔益者三友
※文明本節用集(室町中)「益者三友(ヱキシャサンユウ)損者三友(ソンシャサンユウ)〔季氏篇〕」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「損者三友」の解説

損者三友

交際すればかえって損になる三種の友。安易な道をとる人、他人にこびる人、口先ばかりの人をいう。

[対義] 益者三友

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる