損者三友(読み)そんしゃさんゆう

精選版 日本国語大辞典「損者三友」の解説

そんしゃ【損者】 三友(さんゆう)

(「論語‐季氏」の「益者三友、損者三友、友直、友諒、友多聞、益矣、友便辟、友善柔、友便佞、損矣」によることば) 交際すればかえって損になる三種の友。安易な道をとる人、他人にこびる人、口さきばかりの人をいう。⇔益者三友
※文明本節用集(室町中)「益者三友(ヱキシャサンユウ)損者三友(ソンシャサンユウ)〔季氏篇〕」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「損者三友」の解説

損者三友

交際すればかえって損になる三種の友。安易な道をとる人、他人にこびる人、口先ばかりの人をいう。

[対義] 益者三友

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「損者三友」の解説

そんしゃ‐さんゆう〔‐サンイウ〕【損者三友】

《「論語」季氏から》損者となる3種の友人。心の正しくない友、うわべはよいが誠実さのない友、口先だけで誠意のない友。⇔益者三友

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android