コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛茂燁 せいもようShèng Mào yè

1件 の用語解説(盛茂燁の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいもよう【盛茂燁 Shèng Mào yè】

中国,明末の画家。生没年不明。字は与華,号は研庵。長洲(江蘇省呉県)の人。山水,人物を得意としたが,同郷の呉派文人画家と異なり,王維など唐詩に題材をとった多分に職業的な画をかいた。構図の奇抜さ,量感を強調した山石,粘着味のある樹木などに特徴があり,呉彬,李士達などと共通するエキセントリックな性格を有している。代表作に《梅柳待臘図》(大阪,個人蔵)がある。【曾布川 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone