コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛茂燁 せいもよう Shèng Mào yè

1件 の用語解説(盛茂燁の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいもよう【盛茂燁 Shèng Mào yè】

中国,明末の画家。生没年不明。字は与華,号は研庵。長洲(江蘇省呉県)の人。山水,人物を得意としたが,同郷の呉派文人画家と異なり,王維など唐詩に題材をとった多分に職業的な画をかいた。構図の奇抜さ,量感を強調した山石,粘着味のある樹木などに特徴があり,呉彬,李士達などと共通するエキセントリックな性格を有している。代表作に《梅柳待臘図》(大阪,個人蔵)がある。【曾布川 寛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

盛茂燁の関連キーワード王建章日観因陀羅尉遅乙僧荊浩石濤銭選董源李唐沈銓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone