コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐詩 トウシ

世界大百科事典 第2版の解説

とうし【唐詩 Táng shī】

中国,唐代(618‐907)に作られた詩の総称。ただし次の五代(907‐959)の作品をも含めることがある。清の初め(1707)に刊行された《全唐詩》900巻は唐詩の全集で,作者の総数は2873人,作品4万9403首を収める(平岡武夫の調査による)が,その中には五代まで生存していた詩人を含むのである。唐詩の文学史上の意義を論ずるとき,まず注目されるのは,中国古典詩の諸形式がこの時代に完成したことである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうし【唐詩】

中国、唐代の詩。各種の詩体が発展し、絶句・律詩の今体詩が確立した。杜甫・李白・韓愈かんゆ・白居易などの詩人も輩出。
中国古典詩の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の唐詩の言及

【全唐詩】より

…収集の豊富さは前例を見ない。先行する本格的な唐詩の二つの全集,明の胡震亨(こしんこう)の《唐音統籤》と清初の季振宜の《唐詩》を底本とし,宮廷所蔵の唐人の諸詩集によって校訂を加える。《唐詩》の体例にならって初唐・盛唐・中唐・晩唐の時期区分はしない。…

【中国文学】より

…この時期の特色は古典詩の形式が完全に定まったこと,新しい散文(〈古文〉とよばれる)が四六文の地位を奪ったこと(古文運動),俗語文学が起こったことなどである。
[唐詩の極盛]
 詩の韻律については,沈約らの説を継承し,さらに細かい分析が進められた。その結果,今(近)体詩(律詩と絶句)の制作に関するいくつかの規則は7世紀(いわゆる〈初唐〉期)にまず確定した。…

※「唐詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

唐詩の関連キーワード読み初め・読初め山中暦日なし中興閒気集唐詩選評釈葛西因是岡島冠山鳥山芝軒滄浪詩話山本北山一字の師全唐詩逸菊池五山市河寛斎三体詩抄大江玄圃津阪拙脩笠原雲渓服部南郭天香国色簡野道明

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android