コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監督者訓練 かんとくしゃくんれんtraining within industry; TWI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

監督者訓練
かんとくしゃくんれん
training within industry; TWI

各企業の職場内における監督者の訓練および養成を目的とした産業訓練。第2次世界大戦中にアメリカ政府が軍需産業要請に応じて,第一線監督者を育成するためにつくった訓練方式で,日本でも昭和 20年代中頃から普及しはじめた。原則として講習会形式で行われ,毎回テーマを決めて管理の方法,仕事の改善の仕方,人の扱い方などの人事関係などの問題について指導をしたり,あるいは会議形式を取入れてそれらについて討議したりする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

監督者訓練の関連キーワードジョブ・インストラクション(JI)合理化(経営)会議式訓練法企業内教育TWIMTP

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android